YouTubeの再生数を稼ぐ方法

YouTubeの再生数はとても大事です。なぜならば、YouTubeはユーザーに少しでも長くYouTubeをして欲しいと考えているからです。それは、視聴時間が増えるほどに、YouTubeの広告を表示する回数が増えるため、YouTubeの売り上げが伸びるからなのです。

YouTubeの再生数を上げるには、YouTubeがユーザーにその動画を紹介してもらうことができれば、再生数が上がってきます。さらには、検索したときに上位の動画として掲載されていくのです。

ではどのようなことに気を付ければ、再生数を上げることができるでしょうか。それは、YouTubeに気に入られるということです。ではどうすればYouTubeに気に入られるのでしょうか。YouTubeは先ほど説明しましたように、ユーザーになるべく長く動画を見てほしいのです。つまり、総再生回数よりも総再生時間を気にしています。

ですから、動画を作るときには、少しでも長い動画を撮ると、YouTubeに気に入られるのです。例えば、10万人が5分の動画を見ると総再生時間は、50万分になりますが、5万人と少ない人でも、動画の時間が30分ある場合には、総再生時間が150万分となるので、大きくなります。YouTubeとしては、後者の30分の動画に高評価を与えるのです。

次に、ユーザーからGoodボタンを受け取ることができるとYouTubeに評価されて、紹介されやすくなります。つまり動画再生数が伸びてくるのです。

では、どうしたらユーザーからグッドボタンを貰うことができるようになるでしょうか。

まずターゲットを絞ることが大事です。沢山ある動画の中であなたの動画を見てもらうには、とことんターゲットを絞って作るといいでしょう。

次にできることとして、検索上位に来ている動画をリサーチすることです。そしてリサーチの結果動画を作り、メタデータ(タイトル、タグ、詳細、字幕)に活用していくことで、検索SEOを上げることができるようになるでしょう。

人気動画のメタデータを解析して、真似ると、人気動画の関連動画として出てくる可能性があります。そうすれば、再生回数を伸ばすことができるでしょう。

次にできるテクニックとして、カスタムサムネイルを作り目立つ表示を作ることです。目立つ表示を見れば、ユーザーは気になって再生する可能性が高くなるのです。

いかがだったでしょうか。以上が、YouTubeの再生数を上げる方法でした。すぐにできることばかりなので活用してみて下さい。